読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まじま省三ブログ

まじま省三(日本共産党衆議院議員)の日記です。

賃上げと安定雇用のための3つの実行

これからアベノミクスで景気がよくなるのか?物価の値上げはいまからが本番、消費税は2倍に、年金は減らす、医療や介護の負担は増やす、「成長戦略」で非正規雇用を広げ、正社員までただ働き自由、首切り自由にしようとしています。これじゃ、ますます国民の所得が減って景気が悪くなります。

 

モノが売れないデフレ不況になったのは、これまでの自民党政権が国民の所得を奪う政策を実行してきたから。日本共産党は、国民の所得を増やす政策を実行し、本格的な景気回復をめざす! 私は、とくに、働く人の賃金を引き上げ、安定した雇用を広げるために、3つのことを実行します。

 

1つは、だれもが人間らしく働き、家族を養える社会をつくりたい。いまの日本は、それさえもぜいたくな願い。若い人をすりつぶすように働かせ、荒稼ぎする「ブラック企業」が横行している。法律違反の働かせ方をしているから、ブラックなんです。

 

私は、法律違反の「サービス残業」、「名ばかり管理職」を取り締まり、離職率の高い悪質な企業は名前を公表し、ブラック企業」をなくします

 

福岡県は、非正規で働く人が40%。非正規で働く人が4割を超えているのは、沖縄、北海道、福岡の3道県だけ。若い人たちは、正社員の方が少ない。失業したら、ほとんど正社員になれません。正規と非正規の生涯賃金格差は1億6千万円。40年働くとしたら、年収は400万円も違います。

 

EUは、「非正規雇用では競争力を維持できない」と1割前後。非正規は、「一時的・臨時的」な限られた仕事しか認められておらず、賃金や労働条件を正規と差別してはならないという均等待遇のルールがある。私は、日本でもそうしたルールをつくって、「正規雇用が当たり前の社会」を取り戻します

 

2つは、日本の大企業は、260兆円も内部留保を積み上げ、使い道がなくて困っているんだから、その1%程度をそこで働く正社員、非正規社員の月1万円以上の賃上げに当てることをもとめたい。実行すれば国内でモノが売れる、大企業にとってもビジネスチャンスを広げる投資だ。

 

3つは、中小企業の賃上げは政治のバックアップが必要だが、日本はそれがあまりにも弱く、最低賃金が先進国最低に。アメリカは日本の50倍、フランスは200倍の予算を使い、中小企業減税や社会保険料の事業主負担を軽減。そのくらいのことをして、ヨーロッパ並みの最低賃金時給千円以上にしたい

 

非正規の広がりは、正社員のみなさんの長時間労働につながっている。30代男性の4人に1人が過労死ラインを超えて働いているサービス残業」をなくせば、300万人を超える新たな正規雇用を生み出せる。学生さんの就職難もいっぺんで解決します!

 

非正規の正規化、異常な長時間労働の解決は、両性が子育てを分かち合える社会をつくるためにもどうしても必要。厚労省の調査でも、女性が結婚を躊躇する理由に、男性の長時間労働で子育てと仕事を両立できないことがあげられている。このままでは、女性の力が生かされず、少子化も解決できない!

 

私が県議になった7年前、県が「未婚化・晩婚化問題研究会レポート」を発表。当時から、少子化を通り越して「結婚したくてもできない」人が増えていることが問題に。県のレポートの結論は、「未婚化・晩婚化の原因は、非正規雇用と長時間労働の広がり」。「働いて、家族を養える国」をつくりたい!

 

マスコミに「アベノミクスの採点は?」と問われ、「マイナス百点」と即答してきた。「家計所得を奪って大企業と大金持ちに注いでいるだけ」。1%の大金持ちがカブでどんなに稼いでも実態経済はよくならない。99%の働く人たちの賃金と雇用の改善こそ、経済の好循環、地域経済活性化の一番の近道!

 

今日、福岡市早良区で演説中に、「私は非正規雇用です」という女性が演説を最後まで聞いてくれ、「共感します」と選挙カーが出て行くまで見送ってくれた。福岡県内4割の非正規雇用のみなさんの思いを受け止め、何としても勝ちたい!!

(7月18日のツイートから転載)

 

f:id:majimasyouzou:20130718122228j:plain

まじま省三選挙事務所 福岡市博多区住吉5-6-14 電話092-411-5131(代)