まじま省三ブログ

まじま省三(日本共産党衆議院議員)の日記です。

まじま省三の重点公約「まじまプラン」(はじめに)

 これから、数回に分けて、私、日本共産党のまじま省三の重点公約「まじまプラン」をご紹介してまいります。

 日本共産党は6月6日に、参院選挙にむけた公約を発表しました。私もその実現に全力をあげる決意です。同時に、福岡県民の切実な願いを実現するために、安倍政権の暴走をくいとめ、特に以下の「4つの柱」についての奮闘をお約束します。*1

いま、政治は「自民党対共産党」の対決

f:id:majimasyouzou:20130702121854j:plain
 今回発表の「4つの柱」は、すでに私たち日本共産党福岡県委員会が、長い間実現のためにとりくんできたものです。地元のJA、医師会、経済団体、連合系労働組合、無党派の市民団体などと対話・訪問・懇談をかさね、可能な一致点での共同を追求してきました(写真上は4月に行った賃上げ・安定雇用で自治体労組との懇談、写真中は3月に行った賃上げ・安定雇用で連合福岡への申し入れ、写真下は昨年5月に行ったJAの協力も得て行った田川地域でのTPPシンポジウム)。

f:id:majimasyouzou:20130702121832j:plain
 この間、政権についてマニフェストを投げ捨ててしまった民主党、「TPP絶対反対」といって政権に戻るやいなや参加をすすめた自民党、「慰安婦は必要だ」と暴言する維新の会など、政党の公約や主張への信頼を崩壊させる事態が続いています。

 自民党の古賀誠元幹事長は、「しんぶん赤旗」のインタビューにこたえて、「私にいわせると自民党と共産党こそが『二大政党』だと思っています」と語っています。

f:id:majimasyouzou:20130702121843j:plain
 福岡県でも、自民党以外に民主党、維新の会、みんなの党が出ていますが、いまみてきたように、消費税、憲法、TPP、原発など、すべての問題で自民党の政治に対し、県民の立場できっぱりと対決し、建設的な対案をしめしてがんばっているのが日本共産党です。日本共産党以外は、自民党政治とその応援団になってしまっているのが、現状ではないでしょうか。だからこそ、保守・無党派など幅広い立場の県民と、日本共産党との共同が広がっているのです。

 福岡県の国政の2議席を、自民党とその応援団に独占させるわけにはいきません。私を国会に送り、ぜひここで提案した法案などを提出させ、その成立・実現にとりくませてください。心よりお願いします。

4つの約束
●賃上げ、安定雇用、くらし応援で、地域経済を元気に――消費税増税の中止を
●憲法を守り、生かします
●TPPストップ ──おいしくて安全な食料を日本・福岡の大地から
玄海原発は再稼働するな──即時原発ゼロ、自然エネルギーの促進を

*1:以前ブログに発表した分も含めて再度アップし直しています。

まじま省三選挙事務所 福岡市博多区住吉5-6-14 電話092-411-5131(代)