読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まじま省三ブログ

まじま省三(日本共産党衆議院議員)の日記です。

日本の主権を売り渡した「従属と屈辱の日」①

写真は、沖縄の「主権回復の日」式典・抗議集会を報道する4月29日の『琉球新報』(本土の新聞とは全然違います)。提供:田村貴昭 党九州・沖縄ブロック事務所長

f:id:majimasyouzou:20130429190452j:plain

安倍政権は、「4月28日」を、『主権回復の日』だといって、政府主催の式典を開きました。

1952年4月28日は、「サンフランシスコ平和条約」と「日米安保条約」が発効した日です。

この日、日本は、形の上では、「独立国」になりましたが、実際は、この2つの条約によって、世界でも異常な「アメリカいいなりの国」が誕生したーーこれが”歴史の真実”です。

サンフランシスコ平和条約」には、3つの大問題がありました。

第1に、当時、再軍備に反対し、日本が戦争をしていたすべての国との平和条約の締結をもとめる国民的運動が広がっていましたが、当時のアメリカは、日本を自らのアジア戦略の足場とするために、ソ連や中国などを排除した「サンフランシスコ平和条約」をおしつけたのです。

サンフランシスコ平和条約」の第2の大問題は、「領土不拡大」(戦争の結果、領土を拡大してはならない)というのが、第2次世界大戦の戦後処理の大原則であったのに、これに背いて、日本の領土を放棄するという大きな誤ちをおかしたことです。

サンフランシスコ平和条約」は、第3条で、奄美・沖縄・小笠原をアメリカの施政権下におきました。

これによって、沖縄の方々は、1972年に日本に復帰するまでの20年もの間、アメリカ軍の支配に苦しめられ続けることになったんです。

沖縄の方々が、「4月28日」を「屈辱の日」として記憶し続けているのは、大戦末期には「本土防衛の捨て石」にされ、今度はアメリカとの取り引きの「捨て石」にされたというつらい体験に根差しています。

さらに、「サンフランシスコ条約」は、第2条C項で、千島列島を放棄してしまいました。

ソ連が、千島列島を武力で占領した不当な行為を、当時の日本政府は容認してしてしまったんです(このとき、どさくさにまぎれて、北海道の一部である歯舞・色丹の2島まで投げ渡してしまいました)。

千島列島 が、いまだにロシアの支配下におかれている、そのおおもとは、ここにあるんです。

 

(続く)

まじま省三選挙事務所 福岡市博多区住吉5-6-14 電話092-411-5131(代)